診療内容


当クリニックの治療について

精神科の治療は大別して、ふたつに分けられます。

「こころ(マインド)」から入るか、「症状」から入るかで治療の大枠が決まります。前者は精神療法を主とし、薬物療法を併用します。後者は薬物療法が中心で、精神療法や精神療法的アプローチをする人としない人がいます。

当院は前者の立場をとります。

精神療法

よく耳にする聞する治療法なのに、なんだかよく分からないという印象があるようですが、難しいことをやっているわけではありません。患者さんが今、どういうことで悩み、辛い思いをしているかなどを話し合うことを主にして、回復の手伝いをする作業です。そのために設定した場で話し合うことが重要になります。立ち話は内容がどうあれ精神療法に値しません。精神療法の有効性を疑問視する医師もいないわけでありませんが、失敗例をみれば精神療法の影響力の大きさが分かります。だからといって魔法のように明日からすぐ良くなることはありません。積み重ねが大切なのです。薄皮がはがれるように回復していくことが望ましいと思います。

最近はインターネットでご自分の症状や病名を調べて受診する方もおられて、統合失調症の幻聴や妄想(陽性症状)、感情病の変動する抑うつ気分などが話題の中心になりやすいようです。しかしそれらは病気の本質ではなく、いわば付録のようなものです。そればかりを診察の主題にすることは不毛です。つねに意識させられたら消えるものも消えなくなります。さしあたり和らげる必要はありますが、治療の主題は個々に別々のところにあります。

いずれにしても統合失調症の陽性症状にこだわる治療は私はやりません。治療者のこだわりが幻覚や妄想を固定させかねないためです。「うつ病」にも同じスタンスです。

薬物療法

近年の薬物開発はめざましいものがあります。新薬が次々と発売されています。薬を利用しない治療は想像できません。ただ、あたかも薬物で人間の心や精神をコントロールできるかのようなプロパガンダや教育がなされるのは、いかがなものでしょうか。薬の処方が診察の全てになっていることもあります。薬で人間の精神やこころ、性格まで変えることができるとしたら、これは恐ろしいことですが、さいわい人間はそれほどヤワにできていません。

患者さんに苦しみや悩みをじっくり話していただき、それを聞くことが大切です。そのうえで処方する薬はよく効きます。統合失調症圏の病気に、症状に焦点を当てて薬でそれを消し去ろうという試みが流行していますが、症状は、心身の悩みや苦しみが限界領域にあり対処困難になった結果出現するものです。薬が直接症状に作用して症状を軽くするというのではありません。薬に負けるものかと抵抗する患者さんに無理やり薬を飲んでもらっても、効果はあまり期待できません。そのうえ継続服薬が困難になります。患者さんが服薬を厭がるのは、得体の知れない色や形をした薬を説明もなく与えられ、自分が変えられる不安や恐怖のためでないでしょうか。病識の有無とあまり関係がありません。

患者さんが知りたいのは薬理学的作用ではなく、薬を飲んだら「自分がどうなるのか」「依存性や習慣性はないか」「身体に悪いのではないか」「いつまで飲み続けるのか」などだと思います。

私たちは患者さんが分かる言葉で薬の必要性と効果的利用の仕方をお話しします。これはすでに精神療法のうちに入ります。薬物療法と精神療法は一対の関係と考えるのが自然です。

一般に精神科の患者さんがもっとも真面目な服薬者です。コンプライアンス(服薬遵守)を精神科で問題にするのはお門違いです。患者さんは「病識」がないから服薬に苦労すると考えられがちですが、それは実際の臨床場面を知らない研究者の思いこみであったり、患者さんに信用がない医師の言い訳です。信頼関係があれば、実によく薬を飲んでもらえます。たまには飲み忘れてくれていいのにと思うことがあるほどです。

  1. 頭の「騒ぎ」をおさえ、気持ちを落ち着かせる作用(鎮静)
  2. 睡眠の質と量を改善する作用
  3. 緊張や不安を和らげる作用
  4. 心身を休ませ、出るべき疲れを出しやすくしてくれる作用

などがあると説明します。

絵画療法

風景構成法、HTP、誘発線法などを中心に行うことを予定しています。

お問い合わせ
お問い合わせ

訪問看護ステーション ゆっくり

訪問看護ステーションゆっくりは、精神科訪問看護を中心とした事業所です。
ご利用者さまやそのご家族が、住み慣れた地域で自分らしく安心して安定した生活が送れるようにご本人さまと一緒に考えながら、生活全般の支援をしていきます。

トップナビ